バカップル もうすぐ

2017.5.26(金)

一枚目の写真は ひらさま ( *´艸)( 艸`*)
これは久々の夢の出演
時代劇チャンネル 三匹の侍一挙上映の特番だったもの。

加藤平


2人の共演で覚えてるのは
井上靖の『蒼き狼』
松本清張『天城越え』か・・・

日頃、ひらさま、ひらさまって言ってるんだけど
初めて殿方好きになったのは
小学校5年か6年か 越前守忠相やってんなぁ (*≧m≦*) 
加藤剛

子供ながらに、こんな男っこ前いてるぅ〜!!??って
周りが としちゃん、マッチーって言ってる頃に
ゴーゴー と
東映太秦映画村に行ったり
(あの時、お金もなかったのにどうして行ったンヤロ・・・)
下敷きに画質の悪い新聞のTV蘭にある写真の切り抜き入れてたり・・・

その頃から オジサマ役者さん どんどん好きになって
ドラマや映画やよう見たし、
原作本も訳もわからず よう読んだ。

スター年鑑とかテレビガイドとか
少ない小遣いはたいて、写真を切り抜いては
スクラップブック作ってた ((^┰^))ゞ

中学入るまでは少年として育ってた私が色気でだして、
小学校の隣にある、中学の運動場にいたパパリンを
敷居越しに見初めたのが小学校6年

中学入学式でマイク持って講堂で説明してるパパリン
『うわっ、あのお人やん!!』
英語の授業にやってきたのがパパリン
『うわっ、うわっ、うわぁぁぁ〜っ!!!!』

12歳、イチコロでした (● ̄▽ ̄●;)
でも今は反対、瘋癲にボロクソ〜


パパ『中学生の頃は顔真っ赤にして
   可愛かったのになぁ
   いつからそんなに偉そうになったんだよ』

私 『こんな女に誰がした〜◗·˳♪⁎˚♫
   誰が女王様と思ってるん』


剛さまなぁ・・・
やりはる役もいい人過ぎて、整いすぎて
昔はもうちょい、悪な役もしてはってんけど
松本清張原作『影の車』 岩下志麻と
真面目なサラリーマンの幼い記憶が
心の闇を蘇らせて、破滅に向かう・・・

大河ドラマの『風と雲と虹と』は良かったなぁ
草刈正雄と、こんな男前揃いってある〜っ!?
主題歌も歌ったりして(ちょい笑)
なぜかCD持ってる
昔の大河ドラマはオープニング曲も良かった!
もう何年見てないヤロ(おもんないから)

本読むのも映画見るもの、TVドラマすら
だんだん、根気がなくなってきてる
たまぁに、撮りだめてある古い映画
真夜中に見だして止まらなくなるけど(笑)
昨日は片岡千恵蔵と淡島千景



このとこ仕事しっぱなしで目が痛くて
熱は出るし、しんどいしんどい
根性じゃ〜! と言い聞かせながらも持たない、
そこらじゅうしんどいし
パパリンと、にんにく注射しに行った。
ご飯作ってやってるヒマないし
近所の外食も続いてて

こないだは、配膳してくれてる人が
ショートカットの重低音おばちゃんで・・・

パパ『あの人は女の人か?』
私 『昨今は、マイノリティの自由ってもんがあるから
   そんな差別的用語は禁止されてるのですぞ』

パパ『そんなものは自由にするべきでない
   隠れてするもんだ、こっちが判断に困る』

私 『まぁなぁ、何でも認めてしまうのはあかんわなぁ
   人間を生物として考えるなら
   生殖できないのはカタワだわ。
   私もカタワ、人間失格。
   こんな女に誰がした〜◗·˳♪⁎˚♫』


パパ『なぁ、どうでもいいから
   あの人は女の人か?男か?
   ブラジャーしてるように見えるんだけど』

私 『マジでわかれへんの?』
パパ『だって声は男だぜ』
私 『・・・・(° ꈊ °)(° ꈊ °)
   ( ̄Д ̄;;( ̄Д ̄;;』


差別とか根性悪いとか、いじめやいけずとかと違って
本当に悩んでるねんパパリン  (/ω\)


そんな何でも不思議に思うアスペパパが面白くて、
その悩んでるの見て 私も頭に浮かぶ事が
幼稚でアスペなんやけど・・・・


そう言えば、最近
『うんこドリル』って言うのが流行ってるらしい
子どもが笑いながら勉強できる、日本初の漢字ドリル。

子供ってウンコや おちんちんやって言葉に反応して
楽しく面白くなって 話しが盛り上がる幼稚脳。
そんな幼稚な頭を応用して
言葉の中に『ウンコ』って入れて 
楽しく勉強させようってドリル。


真面目な、ようでけるお子様にはいらんやろうけど
私みたいな、いつまで経っても頭の中は
イチビリ、アスペはこれはいける!
私の勉強にも取り入れようと思ってる(笑)
私、ほんと今でも うんちとかおちんちん
下ネタ話ししてたら面白くて〜



性別判断不能?
(あれはおばちゃんやってぇ)
そんな 話ししてた次の日に
カレー屋さんで 奥の椅子に座って注文したとたん
パパが、向こうの人見て



おばちゃん


パパ『な、な、あの人は男か?女か?
   あのヘアスタイルは 
   束髪(そくはつ)、ひさし髪だろ?』

私 『そく? ん? そんなん知らんわ』


もうさぁ、昨日の今日ヤン
半分、二人して
おばちゃんやって分かってるねんけど
あかん、あかん〜っ 言うな見るな(笑)


私 『どう見ても、あれは男の人!
   リーゼントって言うねん』

パパ『ばか(笑)』

で、放送禁止やでぇ〜人権侵害やでぇと
カレー待ってたら 入ってきたおっちゃん
(° ꈊ °)✧ (° ꈊ °)✧ (° ꈊ °)✧


サンマルコ


ズラ


パパリン、無言で目見開いて 固まってて・・・・
あかん、あかん〜っ
あかん、あかん〜っ!!
みなまで言うな!! 


パパ『なぁ。。。。あれ。。。。』
私 『あれは宮史郎って言う人やねん
  あかんで、あかんで、見るな!』

パパ『この席が悪いんだよ、全部見渡せるじゃないか』


mig_201705262248030a4.jpeg


パパリン『女のみち』なんて知らんやろなぁ
いつもオバカなバカップルで
くそ真面目さんからは 人をバカにするなと
怒られそうやけど 
毎日二人で、笑ってられたらええわ (*≧m≦*)

でも、パパリン そう笑ってられなく
次はお前の番じゃわい


呼吸器、足の次は、瞼の母
明日、2度目の眼瞼下垂手術。
今度はマジ痛いで〜

術前術後

前回は、5年前眉毛の下を切って釣り上げたんだけど
今度は瞼の上をだいぶんと 皮切除して
見開くようにするって。

このたるんだ瞼、目見えてるのか?
開いてないもんなぁ

瘋癲は痛いの想像するだけで立ってられなくなる
血見ると気を失いそうになる
注射の針も怖い痛い(爆笑〜)
手術決まってから何回同じ事聞くか・・・

パパ『先生が『大変ですね』って言ってたじゃないか
   そんなに“大変”な難手術なのか?
   よほど痛いんだろう、全身麻酔か?』

私 『瞼の皮を引っ張って
   こう横からハサミで切り取ってまうねん
   瞼眼の上に、もう一つ眼の穴ができるねん
   目の玉上下させたら 四つの穴から 
   アチコチ見えるようになる
   でも、視界は真っ赤でちまみれや』

パパ『もう、本当の事言ってくれよ
   大変で痛いのか?』

私 『アホか! 先生はかっちゃんの瞼が
   こんなに塞がってて 日常生活するにも
   視野が狭くなって、いつも眉毛釣り上げて
   額に皺よせててるのが
   “大変”ですねって おもんぱかってくれてはるねん』


もう、びびりまくり〜

パパ『どうして、こんな足も目も 
   やってもやらなくてもいいような事
   Nちゃんの言いなりになって
   しなくちゃいけないんだ』

私 『やって暮らしやすくなるんやったら
   保険も利くし やっときーや
   何でも早いうち!』

瞼の母


足のカテーテルでそっちに気の重いのがいってて
あっという間に瞼の母の日がやってきて
この2〜3日はカウントダウン 
気持ちもダウン (-。-;)

パパ『な、術後の説明書や同意書読んでおいてくれよ』
私 『はいはい』
パパ『数日は冷やしたり、消毒しないといけないんだぜ』
私 『そんなら、お母ちゃんに頼み〜や』

パパ『だめだ、説明しても分かってない
   だいぶ認知がきてる』

私 『そんな事あるかいな、
   かっちゃんが たいそうに
   可哀想だとか、心配だとか言うから
   本人も、私ってダメかもって思ってまうねん』


パパ『なぁ、よく読んでくれたか?』
私 『うちにマキロン残ってたけどな
   念のため、消息液買うといたろと思って
   薬局行ったら オキシドール160円やってん
   160円ってあんまりやから
   やっぱり、410円のマキロン買うといたったからな』

パパ『消毒綿は病院でくれるからいいんだよ
   氷とかいっぱい作っておいてくれよ』

私 『いっぱいマキロン振りかけたる』

私 『手術の帰りは痛くて痛くて
   かっちゃん、歩けるかどうか・・・
   今度の手術は気失うくらい痛いでぇ
   あ、そや! 日赤で車椅子借りたろか?』

パパ『Nちゃん、車椅子ひくの坂道だし大変だ』
私 『オバンでだいぶ上手くなったしな
   それに、日赤から家は下り坂や
   手離したら勝手に滑り落ちて行くから
   ジェットコースターや
   角のラブホに激突で、縫い目裂けて血まみれ自爆やな』

パパ『もう何も言うな
   よくもそんな つまらない事
   次々思い浮かぶなぁ』


前回、翌日診察行くのに 私がイチビッて
いたずらしてんけど 本人は自分の為にやってくれてると(爆笑)

私 『肌色のテープで、まゆげない状態やん
   道歩くのに、恥ずかしいで
   まゆげ書いといてあげるわな
   でも、帽子は目深にかぶって歩きやぁ』

パパ『僕が周りからおかしく思われないようにしてくれて
   有り難う〜』



眉毛なし

まゆげ

パパ『病院いったらさ、看護婦さんたちや先生が
   大笑いしてるんだ!
   Nちゃん!!!!!
   ばか!!!!』



あかん・・・(>▽<;;
やっぱりヒンシュクなバカップルや (>▽<;;
この記事書くのに
あのおばちゃんのヘアスタイル
何て言うてた?ってLINEしたら返事


パパ『ひさし髪の事か?
   それとも203高地か?』

私 『何で乃木将軍やねん!』
パパ『203高地に形が似てた』
私 『旅順で見た事あるんかい』

私らが中国旅行行き始めた頃
大連から下って 旅順に行きたいと行程考えてたんだけど
当時、中国海軍の軍事施設地域だって事で行けなかった。

ここでも戦前生まれ瘋癲に感心するのが

203(にー まる さん)高地 って言うねんなぁ
私ら仲代達矢の乃木将軍 
『二百三高地』としか知らない

へーーーーっ↓ ほんまにあるんやぁ
wiki見ると

203高地にまつわる文化
二百三高地髷
日露戦争後に日本で流行した、前髪を張り出し、
頭頂部に束ねた髪を高くまとめるような女性の髪型を
「二百三高地髷(にひゃくさんこうちまげ)」という。
当時普及し始めていた洋装に合う髪型として生み出された。



普段、絶対うちには泊まらない
伝書鳩みたいな瘋癲が
あまりにも痛くて目が腫れ上がるから 
妾宅にお泊まりするんやって (⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)✧

明日は、早くから妾宅に来てもらい
散髪、髭そり、入れ歯も足も手入れして
最後の晩餐してから、連れて行きます。





1972年5月「女のみち」
作詞:宮史郎╱作曲:並木ひろし
歌:ぴんから兄弟

私が奉げたその人に
貴方だけよと すがって泣いた
ウブな私が行けないの
二度としないわ 恋なんか
これが女の道ならば

暗い坂道一筋に
行けば心の灯がともる
きっとつかむわ幸せを
二度と灯りを消さないで
これが女の道ならば

濡れた眸にまた浮かぶ
捨てた貴方の面影が
どうしてこんなに苛めるの
二度と来ないで辛いから
これが女の道ならば

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/05/31 (Wed) 23:25 | # | | 編集
蛸のはっちゃん足十本・・・?

晩飯でフジテレビをみました
オブザーバーはかみさんと狸と純ちゃんです
こんばんは

その番組はクイズでありまして
横並びの枡が七つあり
ひとつだけに文字があり
七つの全てを埋めろというものでした
左端に『ど』がありあとは空白でした
おいらは空かさず
「ドレミファソラシド」と呟きました・・・・
純ちゃんは驚きましたが
かみさんは別段驚きもしませんでした
おいらがクルクルパーなのは先刻承知だったからでしゅ

パパリンにゆうたってください
Nさんの洒落を少しは判れ!と

いや
十二分に分っていての呆けでしゅ・・・・かも?
あはは。

2017/05/30 (Tue) 21:52 | はしびろこう・ウナ #- | URL | 編集
No title

N様

おはようございます。

私も、昨日ブログ記事を読んでKUON様と同じく
涙が出るほど笑ってしましました~
隣に夫さんがいたので笑いをこらえるのに一苦労

パパリンさんの足の傷、きれいになってきて安心いたしました。
今度は瞼が痛々しいですね~

今月は、何かとバタバタしていて歯医者恐怖症の私
新しい歯医者さんを探しやっと25日に抜歯してきました。

私もパパリンさんと似た者同士、病院嫌いで怖いです。
特に歯医者・耳鼻科・眼科は怖い~
脳外科と内科は今のところ薬の処方箋もらいに行くだけなので
大丈夫ですが、脳外科の待合室の雰囲気が明日は我が身
みたいな感じで嫌です。

N様もお身体大事にして下さいね!(心配です)

2017/05/28 (Sun) 10:04 | 黒猫アビ #- | URL | 編集
No title

KUONさま

術後スグは テーピングもせず
思ったより 見た目簡単そうですが
やはり、瞼の皮 ジョキッと切ったようです。

病院がガーゼもあててくれてないので
瞼から血が滲み だんだん時間と共に
腫れ上がってきて
鬱血して痛々しいです。

ちょっと三田明です(爆笑)
帰ってから 夕食食べるだけ食べて
痛い痛いと言いながら
爆睡してはります。

2時間ごとに瘋癲の氷枕取り替えてやりながら
私はこそっとまた来週の仕事の準備
シコシコ夜なべしております。

何が痛いねん!
めっさ爆睡して、ちょっとムカつく(笑)





2017/05/28 (Sun) 01:27 | ワッ・タ・シ熟女N〜 #- | URL | 編集
No title

なっちゃん!。

もう、笑って笑い過ぎて涙出て、ぱぱりんさんのこの純真さはなんじゃらほい。あ、アスペなのかにゃるほど。

いや、性格がおよろしいのよ。

ぱぱりん、、手術がんばれ、オトコマエが増しますぞ、お目目よお見えるよおになって、なっちゃんの後光のさすお顔がもっとはっきり見えるようになりますぞ。

宮史郎さん、売れてたまっさいちゅうに見た写真。あのヘアスタイルに、先のとんがったぴかぴか黒革靴に、ダブルのベージュのトレンチコート着て。トレンチコート。ダブル。アタッシェケース提げて。

憧れやったんやろなあ、このお姿。と、しみじみしました。笑いながらだけど(ごめんね宮史郎さん)。

なっちゃん、倒れないでよ、忙しいのはありがたいけど。

2017/05/27 (Sat) 12:27 | KUON #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する