空想する あほ

2018.6.4(月)1956年 三島由紀夫が書いた戯曲『鹿鳴館』華族、新華族、閣僚らが主要登場人物政治と恋、陰謀と愛憎の渦の中で翻弄される男女・親子の悲劇をドラマチックに描いた物語。劇団四季、劇団創立60周年記念での出演2013年6月 東京・自由劇場ひらさま『三島さんの削ぎに削がれ、 研鑽されつくした台詞を丁寧に、 的確にお客様にお届けしたい。』6月、もうだいぶ暑くなってためど追っかけて見に行ったわぁひらさま『鹿鳴...続きを読む >

えらなった(笑)

2018.3.21(水・祝)短編、連投やなぁもうだいぶ酔っ払ってるので超短編オモロ今日、昼間は雨が止んでてその間に 原チャリでチュルチュル〜と回って 551の豚まんと御座候の回転焼き 手土産買ってから実家へ持って行った。またやぁん父母、えええええ〜っ豚まんやぁんヾ(*゚ω゚)人(*゚ω゚)ノシいや、なんなん?もう一つぬくぬく回転焼きやぁ〜ん好きなもんばっかりやん ~ヾ(〃^∇^)ノ爺さんと婆さん仏さんにもあげとくわぁま、供えと...続きを読む >

人生は歩きまわる影法師、あわれな役者だ

2018.2.6(火)明日、また明日、また明日と、時は小きざみな足どりで一日一日を歩み、ついには歴史の最後の一瞬にたどりつく、昨日という日はすべて愚かな人間が塵(ちり)と化す死への道を照らしてきた。消えろ、消えろ、 つかの間の燈火(ともしび)!人生は歩きまわる影法師、あわれな役者だ、舞台の上でおおげさにみえをきっても出場が終われば消えてしまう。白痴のしゃべる 物語だ、わめき立てる響きと怒りはすさまじいが、...続きを読む >

二〇十八年 戌

2018.1.1(祝)明けましておめでとうございます。本年もバカップルのお馬鹿話にお付き合いくださりませ。いつも盆正月、クリスマス長年の挺身隊慰安婦は淋しくて大嫌いなんだけどあぁ〜 自由〜 (*´ω`*)あまりにも長い間、一人に慣れてしまっていてできる限りのことは自分で何でもする先日、中学の時の友達に頼まれ役所のタダ仕事して、その担当の人がお礼にと私の行きつけのイタメシ屋さんで 初めましてをして今時、仕事は全て...続きを読む >

もうちょっと!

2017.12.25(日)しんどいのも仕事もあと2〜3日  \(;゚∇゚)/今日もクリスマスとて一人じみーーーに仕事  \(;゚∇゚)/最後まで連日忘年会 パパ『どうしてしんどいのに忘年会なんてするんだよ、   そんなヒマがあったら病院行けよ』私 『お付き合いするから   仕事も友達もあるんやろ』てな事で今日はこれで仕事終わり。相手が休みやから進まん (-。-;)途中 有馬記念見ながらやっぱりなぁ〜とは思いながらも感動 (。・ω・...続きを読む >